特殊清掃・災害復旧 リスクベネフィット東京

施工事例

株式会社リスクベネフィットは地域密着で対応

>施工事例>兄が実家で孤独死。臭いが酷く部屋に入れな……

兄が実家で孤独死。臭いが酷く部屋に入れない場合はどうすればいい?

畳の上に体液の跡が残っています。
合掌してから作業に入ります。
バールを刺し込み畳を持ち上げます。
体液で汚染された畳を剥がします。
畳はラッピング処理で臭気を封じます
少量の体液は専用洗剤「タロウ」で洗浄
専用消臭剤「ダンボ」を散布
オゾン燻蒸で除菌、消臭します。
汚染物撤去し施工完了です。

遺品整理もままならないくらい、臭いがきつい。

実家で一人暮らしをしていた兄が孤独死…。

兄は奥さんが亡くなったことをきっかけに一人暮らししていました。

年齢的にも体力が落ちていることは分かっていたため、私も月に一度は顔を出しており、身体には気を付けるよう注意はしていたのです。

しかし、孤独死を完全に防ぐのは難しかったようで、兄が畳の上で亡くなっているのが発見されました。

部屋から漏れ出た臭気は自宅の外まで広がっており、玄関に入室するのも躊躇してしまう状態です。

自宅は取り壊す予定なのですが、このままでは臭気のため遺品整理もままならないと困ってしまいました。

そんな時に私の妻が見つけてきてくれたのが、リスクベネフィットさんです。

 

臭いが酷く部屋に入れない場合はどうすればいい?

孤独死現場に入室できない場合、特殊清掃業者に頼むべきなのだそうです。

というのも、孤独死現場は感染症などのリスクがあり、素人が入ってもどうにもならないためです。

そこで見積もりに来ていただいたリスクベネフィットさんに事情を説明することに。

体液と体液の付着した汚染物の除去、消毒剤の散布、オゾンガスによる簡易消臭がパックになった「悩むなパック」を提案してくださったため、そちらを依頼することにしました。

悩むなパックの内容としては、作業時間2~3時間程度で、まずは家族が入室出来る状態まで臭気を落ち着かせ、現場の衛生状態を改善するというものです。

 

「悩むなパック」の作業工程は?

兄が亡くなっていた部屋は6畳一間程の広さですが、部屋のドアが開いていたため、隣の部屋はもちろん玄関や台所まで臭気が広がってしまっています

スタッフの方の話によると、この臭気の原因は畳に浸透した体液にあるようで、まずは体液の除去作業から進めていただきました。

畳が体液を吸ってしまっていたらしく、まずは畳をバールで持ち上げ床下の汚染状況を確認してもらったところ、畳が厚手の物だった影響で、床下に体液は届いておらず汚染はなかったようです。

畳は強い臭気を放っているため、特殊なフィルムでコーティングし臭気を封じ込めてくださいます

また、体液の跡がはっきり残っていたため、ブルーシートを併用し外から見えないよう工夫することで、臭いの面でも見た目の面でも近所の方に迷惑をかけない配慮がありがたかったです。

畳は合計3枚撤去していただいたうえ、少量の体液についてはリスクベネフィットさんのオリジナル体液専用洗剤「タロウ」で洗浄を行ってくださいました。

汚染された畳を撤去し、体液の洗浄を終えたらリスクベネフィットさんオリジナル消臭剤の「ダンボ」を散布しオゾン燻蒸の作業をしていただきます。

高濃度のオゾンガスを発生させて除菌、消臭を行うオゾンショックトリートメント法による簡易消臭で更に臭気を落ち着かせて作業完了のようです。

 

作業自体は2〜3時間程度だと聞いていました。本当にそんな短時間でこの臭いがどうにかなるのかと不安だったのですが、開始から2時間で全ての作業が完了したと言われ、驚きました

確認したところ、施工前と比べて臭気が格段に落ち着いており、流石プロの仕事だと感動しました

リスクベネフィットさん、この度は本当にありがとうございました。

  • 作業: 特殊清掃
  • 人数: 2人
  • 日数: 1日
  • 参考費用: 86,663円(税込)