特殊清掃・災害復旧 リスクベネフィット東京

施工事例

株式会社リスクベネフィットは地域密着で対応

>施工事例>まさか自分の部屋がゴミ屋敷に! 足立区で……

まさか自分の部屋がゴミ屋敷に! 足立区で清掃費用を抑える2つのコツ

いつからだろうか、床が見えなくなったのは……

数ヶ月前、私の部屋はゴミ屋敷に分類されてしまうほど汚かったのです。

普段は看護師として働いており、患者様と接するからこそ、衛生面には特に気をつけていました。
しかし、不規則なシフトと仕事の疲れから、自室の清掃に気が回らなかったのです。

それでも何度か、自分一人で片付けようと試みましたが、

「まだこれ使えるよな…」
「これ捨てるのもったいなさそう」

といった理由を付けてしまって、
結局、何も捨てられずに1日が終わってしまうことの繰り返しだったのです。

 

きれいな部屋で生活したい。

ただどれから捨てればいいかわからないし、もう一人だけでは片付けられない…
誰か、誰かお願いだから助けてほしい!

 

そんなことを考えていた私を助けてくれたのは

「ごみが無い新たな生活を、私たちとスタートしませんか?」

という特殊清掃業を専門とするリスクベネフィットさんでした。

 

早速、無料相談に申し込んだ後、事前見積もりを立てるために、担当者が私の家まで来ることになりました。

そこで最初に伝えられたのは、ゴミ清掃にかかる費用相場について。

 

費用の内訳は、間取りや作業人数・時間によって大まかな値段が決められて、ここにトラックの運搬費用や特別費用が加わります。

説明を一通り聞いた後、
「どうして同じ間取りでもここまで金額の差があるのか」
不思議で仕方がありませんでした。

担当の方に尋ねてみると、
「これはゴミの量が関係しています。例えば、狭い間取りだとしてもゴミの量が多すぎたり、費用がかさむ粗大ゴミが多かったりすると高くなってしまいます。」

私の部屋を見渡したとき、ゴミの量が多いのか少ないのか正直判別できませんでした。

 

「あの、どうにかしてコストが抑えられる方法ってありませんか?」
「ご安心ください!それも含めて、お客様のお部屋を見ながらゆっくり教えます!」

 

コストを抑える2つのコツ

コツ1.事前にゴミの量を減らして処理費用を抑える

やはり一番費用を抑える方法は、可能な限り自分で片付けすることです。
しかし、広がってしまったゴミ屋敷を見て、どこから取り組めば良いかわからないなんて方もいると思います。

そこで以下のポイントを意識してみて、お部屋の掃除を進めてください!

①生活ゴミを少しでも捨てる
②生活ゴミをゴミ袋に入れて分別する

大きなゴミや捨て方がわからないゴミは、一度置いておいて、生活ゴミだけに絞って捨てていきましょう!
忙しい方はゴミ袋に詰め込むだけでもかまいません。

ゴミの量を減らすことは、運搬用のトラックの台数や作業人数を減らすことにもつながりますので、簡単に費用を抑えられます!

 

コツ2.事前に必要ない家具・家電を把握する

ゴミの中でも処理費用がかかりやすいものが、家具や電化製品です。

そこで、事前に清掃業者の方と相談しながら、
「どの家具・家電は必要ないか」
「これは○○さんに譲れるか聞いてみよう!」
みたいに手放す準備を進めましょう。

また、不要品の買い取りサービスを利用することもオススメです!
ゴミの中には「こんなものでも買い取れるの??」といったものが多く潜んでいますので、積極的に買い取りサービスを活用し、コストを抑えましょう!

 

リスクベネフィットさんが丁寧に教えていただいた進め方を参考に
私も掃除するものを絞って、取り組んでみました。

すると約3万円前後も費用を抑えられ、必要の無い家具もスッキリ引き取ってもらいました!

何よりリスクベネフィットさんは事前見積もりと清掃後の消毒作業を無料で行ってくださり、結果的にかなりコストを抑えられました!

 

久しぶりに自分の部屋の床が見えて、きれいになった部屋全体を見て心までもスッキリしました。

本当にありがとうございました!

 

  • 作業: ゴミ屋敷清掃
  • 人数:
  • 日数:
  • 参考費用: 円(税込)