特殊清掃・災害復旧 リスクベネフィット東京

施工事例

株式会社リスクベネフィットは地域密着で対応

>施工事例>多摩市の祖母宅で孤独死が発生!ウジ虫の大……

多摩市の祖母宅で孤独死が発生!ウジ虫の大量発生を処理する方法を解説

私の祖母が孤独死で亡くなりました。

私たちの家族とは、少し離れたところに住んでいました。

祖父が数年前に死んでから、祖母は少しずつ元気がなくなっていったようです。

足腰も悪くなったため外出も減り、家にいる時間が多かったとのことでした。

私も仕事があり、あまり祖母の家に行けていませんでした。

ある日、私の母から電話があり、祖母が亡くなったことを知ったのです。

急いで祖母の家に行くと、とても臭く、さらにウジ虫が大量に発生してしまっていました。

私たちだけではどうしようもできないと思い、急いでインターネットで専門の清掃業者を探し始めたのです。

すると、リスクベネフィットという会社が孤独死の清掃を専門に扱っていることが分かりました。

急いで電話をして、見積もりを出してもらいました。

「私たちのノウハウで元通りにできます!」と力強く言ってくださったので、リスクベネフィットさんに清掃を依頼することにしました。

ウジ虫が発生する原因

祖母の孤独死の現場で、ウジ虫が発生してしまっていました。

孤独死の場合、発見までに時間がかかってしまうと、死臭によってハエが集まってしまいます。

ハエが遺体に卵を産み、それが孵化するとウジ虫が発生してしまうそうです。

ちなみに、孵化して、ウジ虫がハエになるまでの期間は、たったの2週間だそうです。

そのため、孤独死の現場を放置する期間が長引くと、大量のウジ虫とハエが発生してしまいます。

孤独死の現場は早急に対応することが大切とのことでした。

ウジ虫の処理方法

リスクベネフィットさんはウジ虫の処理を迅速に進めてくれました。

以下の手順でウジ虫を処理してくださったのです。

1.部屋を閉め切る

近隣の迷惑にならないように、部屋を閉め切ります。

駆除作業時は、基本的に部屋のすべての扉や窓を閉め切って行ってくれました。

2.殺虫剤を散布する

最初に、ハエやウジ虫を駆除するために、ガス状の殺虫剤を部屋に散布します。

ある程度、ハエやウジ虫を殺虫できたら、清掃作業員が完全防護した状態で入室するそうです。

3.汚染箇所を清掃する

清掃員が入室し、体液などによって汚染されている箇所を清掃してくださいました。

長く放置されていると、体から体液が床下や畳などに染みついていることがあるそうです。

4.不用品を撤去する

家具や遺品に死臭が染みついていることがあります。

ご遺族が返品してほしい場合は、消臭対策を施して、返してくださいます。

不用品を撤去した後に、再び殺虫剤を散布し、ハエやウジ虫を駆除してくれました。

5.消臭する

最後に、オゾンを利用して消臭します。

これで孤独死の現場からは異臭はなくなり、人が普段通り住める状態になりました。

 

今回、祖母の孤独死の現場でウジ虫が大量発生してしまい、大変困ってしまいました。

リスクベネフィットさんはそんな私たちを、丁寧にサポートしてくださり、完全消臭してくれました。

本当にありがとうございました。

  • 作業: 孤独死清掃
  • 人数:
  • 日数:
  • 参考費用: 円(税込)