特殊清掃・災害復旧 リスクベネフィット東京

施工事例

株式会社リスクベネフィットは地域密着で対応

>施工事例>八王子市で孤独死清掃!保険で対応する方法……

八王子市で孤独死清掃!保険で対応する方法とは?

高齢者向け賃貸住宅で孤独死

私は高齢者向け賃貸住宅のオーナーです。
入居していた高齢女性が、私の所有する賃貸住宅の一室で亡くなっていたという知らせを受け、対応することになりました。

ご家族とはコロナ禍で会っておらず、連絡がつかなくなったため警察に安否確認を依頼したことで死亡がわかったという経緯でした。
以前は福祉支援の方が定期的に訪問されていたそうですが、コロナ禍で訪問回数が減り発見が遅れたとのこと。
最近同じようなケースが増えているそうです。

警察の現場検証が終わってから、ご家族の方とともに現場に入室。
とは言っても部屋の中には入らずに、ドアを開けての確認です。
部屋は整理整頓されていて、普段からきちんとした生活をされていたのが見てとれました。

気温の低い時期ということもあり害虫はほとんど発生していなかったようですが、やはり臭いは相当なものです。
4畳ほどの部屋には強烈な臭いがこもっているのがわかりました。

すぐに頭に浮かんだのは原状回復のこと。
ご家族の方が遠方に住まわれていることもあり、清掃業者は私が手配することになりました。

孤独死の特殊清掃を依頼するのは初めてのことで、知人に紹介してもらったのがリスクベネフィットさん。
すぐに対応してもらえることになりました。

 

その1 清掃だけじゃない!特殊清掃の困りごとに対応

リスクベネフィットさんに依頼して驚いたのは、単に清掃をするだけではなく特殊清掃における困りごとにも対応してくれるということ。

例えば近隣の方々へお詫びに行くタイミングや、他の居住者へのフォロー
管理会社や大家、保険会社などの第三者との交渉もしてくれるそうです。

特に遺族の方は混乱されている方も多いと思います。
煩雑な手続きを代行してくれるのはありがたいですよね。

担当の方は若い方でしたが、どのような質問にも丁寧に答えていただきとても頼もしく思えました。

 

その2 実際に依頼した孤独死保険の対応

「孤独死保険に加入されていませんか?」

リスクベネフィットの担当の方に聞かれて知ったのですが、孤独死保険というものがあるんですね。
大家が加入する家主型と、入居者が加入する入居者型があるそうです。

亡くなった入居者のご家族に尋ねると、入居者本人が孤独死保険に加入していたことがわかりました。
入居者が加入していても、ご遺族がそのことを知らないで申請期限を過ぎてしまうこともあるそうで、今回は幸いでした。

リスクベネフィットさんに入居者の保険加入があることを伝えると、保険会社とのやり取りを代行していただけるとのこと。
費用の負担を心配されていたご家族も、手続きが滞りなく行われることがわかりホッとした様子でした。

保険の適用を申請するには、作業の内容やかかった費用を詳しく伝える必要があるため、業者の協力が必要になります。
リスクベネフィットさんでは孤独死保険の対応についてのノウハウも持っていて、任せて良かったと思いました。

 

清掃以外の困りごとにもこまやかに対応していただき、本当に助かりました。
孤独死保険について全く知らなかったのですが、高齢の入居者も多いので家主型の孤独死保険を検討したいと思います。

清掃や消臭に関しても、簡易消臭のみでしたが臭いが感じられないくらいの仕上がりです。
また機会がありましたらその際もよろしくお願いします。
ありがとうございました。

  • 作業: 孤独死清掃
  • 人数:
  • 日数:
  • 参考費用: 円(税込)