特殊清掃・災害復旧 リスクベネフィット東京

施工事例

株式会社リスクベネフィットは地域密着で対応

>施工事例>茅ヶ崎市の孤独死現場清掃!他社で清掃後に……

茅ヶ崎市の孤独死現場清掃!他社で清掃後に死臭が充満していた理由とは?

このように体液が残っております。
体液が染み込んだままの状態では臭気の解決はできません。
このようになるまで除去しなければ臭気は取れません。
体液の除去終了し、消臭に入ります。

特殊清掃を依頼したはずなのに臭いが取れないのはなぜ!?

今年に入り、私が所有するワンルームマンションで大きな問題が発生。入居者の方が孤独死されたのです。

一人暮らしだったため遺体は死後数週間放置されており、見つかったときには酷いありさまでした。

床にはべっとりと黒いシミが残され、部屋にいるのも我慢できないような臭気が漂っています。

管理会社から連絡を受け初めて部屋に入ったときは、あまりの惨状に愕然としてしまいました。

「とにかくなんとか元の状態に戻さないと…」と思い、インターネットで見つけた業者に清掃を依頼。

決め手は他の業者と比べて見積もりがかなり安いことだったのですが、実際に作業が始まると体液がかなり奥まで染み込んでいると言われ、部屋の壁や床を剥がす作業のための追加料金が必要となる事態に。

さらに、そこまでの作業をしていただいたにもかかわらず、作業後あらためて部屋を訪れるとあの嫌な臭いが残っていたのです。

どうやら頼んだ業者の腕があまり良くなかったようだと気づいたものの、後の祭りです。

今度こそ、きちんとした業者にお願いしたい。

そう思っていたところ、管理会社からリスクベネフィット様を紹介してもらいました。

ホームページを見ると、豊富な実績を持ち孤独死現場だけでなく様々な特殊清掃を手掛けておられる会社との記載が。

「ここなら信頼できそうだ」と思い、依頼することに決めました。

 

その1 清掃後に臭いが消えなかった理由とは?

リスクベネフィット様の作業員の方に現状を確認してもらったところ、臭いが消えない原因が分かってきました。

前の業者による清掃が不十分で、体液が残ってしまっていることが大きな原因のようです。

体液が残ったままだと臭いだけでなく菌やウイルスが繁殖して、感染症の危険もあるとのこと。

すべて前の業者が十分な知識や技術を持っておらず、中途半端な作業しかできていなかったために起きたことだそうです。

金額が安いからと適当な業者に任せてしまったことを本当に後悔しました。

 

その2 残った臭いを除去する方法とは?

臭いが充満していた理由が判明したため、かなり重点的に清掃してもらいました。

以下が実際に行っていただいた作業です。

体液の除去

体液が残っている部分を、もう一度丁寧に清掃してもらいます。

除菌作業を行った上で専用の洗剤で細かい部分まで洗浄してもらい、臭いを閉じ込める特殊コーティングを施して完全消臭を実現してもらいました。

換気ダクトの清掃や消臭

さらに、換気ダクトとその他の細かい部分の清掃や消臭も行われました。

換気扇は腐乱臭を吸い込んでおり清掃必須だそうですが、最初の業者様はそのままにされていたようです。

リスクベネフィット様に清掃が足りない部分を丁寧に洗浄してもらい、殺菌作業を施してもらいます。

その後、高濃度のオゾンガスによるオゾン燻蒸を実施

オゾンにより臭気成分を酸化分解していく事で、通常であれば2年かかる臭気の除去を1~2日程度で行うそうです。

こちらのオゾン燻蒸はリスクベネフィット様の特許技術と聞き、とても頼もしく感じました。

 

すべての作業を丁寧かつスムーズに行っていただいたのですが、最終的にかかった費用は前の業者様より安い金額でした。

やはり業者選びは大切だと痛感。きちんと作業してくださったリスクベネフィット様には大変感謝しております。

このたびは、本当にありがとうございました。

  • 作業: 特殊清掃(完全消臭作業)
  • 人数: 1人
  • 日数: 3日
  • 参考費用: 210,757(税込)円(税込)