特殊清掃・災害復旧 リスクベネフィット東京

施工事例

トップページ>施工事例>【孤独死清掃】他社清掃後の室内は死臭が充満!?

【孤独死清掃】他社清掃後の室内は死臭が充満!?

このように体液が残っております。
体液が染み込んだままの状態では臭気の解決はできません。
このようになるまで除去しなければ臭気は取れません。
体液の除去終了し、消臭に入ります。

他社様で施工を行ったが臭いが取れない との理由で当社に手直し依頼のお電話が入りました。
巷には特殊清掃の業者が沢山ありますが、技術力には大きな差があります。
当社が現場の確認しますと内装はスケルトン状態でした。

当社からしますとスケルトンにしなければならない理由はなく、お客様の負担を増やすだけの作業だったと思います。
原状を確認し問題点を見つけました。
1、体液除去の不足

2、換気ダクトの臭気
この2点が大きな理由と判明しました。

当社でもう一度細かい体液除去を自社専用の体液除去剤【タロウ】を利用して行います。
まず体液が残ってる場所の洗浄と拭き上げを数回繰り返して行います。
体液が残っていると臭いや感染症のもとになってしまいます。
その後は完全消臭の為に、特殊コーティングを施しました。

2点目の換気ダクトとその他細かい点を、今まで培ってきた消臭ノウハウを駆使して消臭作業を行いまた。
ここから3日間の消臭作業で完全消臭!
高い殺菌効果のある自社消毒剤RB酸水を散布し、オゾン発生機を設置して、オゾン燻蒸を施します。

高濃度のオゾンガスを発生させ、殺菌消毒・消臭を終えます。

オゾンガスは、酸素(O2)を原料にして作られ、雑菌や臭い物質と反応し、殺菌、脱臭を行うことができます。
オゾン自体が、細菌の細胞膜を破壊し、破壊されたことで細胞の核が溶け、菌が死滅します。

特殊清掃といっても技術の無い業者のいい加減な仕事の結果で、その後のイノベーション費用などを考えますと、200万円以上の損失だったと思います。

業界の評判を落とすような行為は控えてほしいと思う現場でした。

  • 作業: 特殊清掃(完全消臭作業)
  • 人数: 1人
  • 日数: 3日
  • 参考費用: 210,757(税込)円(税込)