特殊清掃・災害復旧 リスクベネフィット東京

施工事例

株式会社リスクベネフィットは地域密着で対応

>施工事例>太田市で孤独死清掃を低価格で依頼する方法……

太田市で孤独死清掃を低価格で依頼する方法とは?

ベッドの上でお亡くなりになられたようです。
汚染範囲も狭いです。
汚染された物を袋に入れて撤去します。
枕をラッピングしています。
汚染物は少なかったです。
マットまでは汚染されていませんでした。

急なことに呆然。母が孤独死してしまった…。

あまり活動的な方でこそありませんでしたが、趣味の場にも出向き元気に暮らしていた母。

そんな母が孤独死するだなんて…。

一人暮らしで新居に引っ越してすぐのことでした。

大家さんからの連絡で亡くなったことを知らされ、あまりに急なことに呆然してしまいました。

正直なところ、まだまだ長生きしてくれると思っていたのです。

心の準備が出来ていなかったことはもちろん、費用の面でも不安が…。

孤独死清掃の料金相場や業者を慌てて調べました。

いくつかの業者に見積もりをとりましたが、パック料金のシステムがあるリスクベネフィットさんに依頼することに。

「本当にパック料金だけで済むのだろうか?」と疑いながらも、丁寧な問い合わせ対応にひとまず安心感を覚えました。

 

その1:孤独死清掃の料金相場は?

リスクベネフィットさんはパック料金という便利でわかりやすいシステムがあったので、安心して依頼ができましたが、相場は以下のような要素で変わるようです。

 

①清掃が必要な場所によって大きく変わる

孤独死清掃においては、遺体が発見された場所によって大きく異なるそうです。

例えば浴槽で亡くなっていた場合は、体液が浴槽のみにとどまっているのか水道管まで流れてしまっているのか。

後者の場合は水道管にも臭いがついてしまうため、浴槽だけでなく水道管の清掃や交換が必要になり、より費用が高額になることもあるそうです。

 

②発見が遅れると費用がかさむ

亡くなってから時間が経てば経つほど遺体の腐敗が進んで汚染が広がるため、汚染や臭いが酷ければそれだけ清掃に手間や時間がかかり、費用がかさむことになるとのこと。

早期に発見されることが望ましいですが、できる限り早く清掃業者を手配することも重要です。

 

③業者によって費用に開きがある

孤独死清掃の料金は業者が自由に決められるため、業者によって大きく異なるのが現状です。

リスクベネフィットさんのようにパック料金がある業者を利用しない場合、なるべく複数の業者から見積もりをとり、比較して選ぶのがいいと思います。

 

その2:孤独死清掃の費用を低価格に抑えるには?

リスクベネフィットさんでは、「悩むなパック」という業界最安水準の定額パックが用意されていました。

あまり安いとサービスの質が落ちるのではないかと不安に思ってしまいそうですが、リスクベネフィットさんがリーズナブルな料金でサービスを提供できるのには大きく2つの理由があるのだそうです。

 

①自社開発の薬剤や特許技術が用意されている

リスクベネフィットさんでは複数の特許技術や孤独死清掃専用の薬剤などを開発しているとのこと。

そのため他社が同じ作業をする場合に必要な特許使用料がかからず、質の高いサービスを費用を抑えて提供することが可能なのだそうです。

 

②全国に事務所があるため余計な費用がかからない

リスクベネフィットさんは全国展開している会社のため、現場までの交通費を減らすことができるのだそうです。

すぐに対応できるため、汚染を最小限にとどめられるというメリットもあるのだとか。

 

このように余計な費用は極力なくして料金に反映させてくれているのは、とてもありがたいなと思いました。

特に私の場合は、孤独死ということで葬儀など他にも費用が必要だったので、大変助かりました。

実際に現場を見るまでは、「本当にキレイになるのか?追加費用を取られるのでは?」と心配していましたが、現場を確認すると臭いも汚れもすっかりキレイに。

料金も最初に提示された見積もり通りでした。

リスクベネフィットさんにお願いして本当に良かったです。

  • 作業: 特殊清掃(孤独死)悩むなパック
  • 人数: 2人
  • 日数: 1日
  • 参考費用: 86,663円(税込)