特殊清掃・災害復旧 リスクベネフィット東京

施工事例

株式会社リスクベネフィットは地域密着で対応

>エリア>市川市に住む父が孤独死!排泄物の強烈な臭……

市川市に住む父が孤独死!排泄物の強烈な臭いを消す方法を解説

絨毯には汚染物があります。
汚染物がある絨毯を切り取って撤去します。
体液が木材にしみ込んでいたので、自社専用洗浄剤で清掃・拭き上げしました。
キッチンの家財は撤去します。
ベッドも解体して運び出します。
清掃後のキッチンです。きれいになりました。
大きな家具類は解体して搬出します。
家財の釘類はすべて取り除きます。
高濃度のオゾンガスを発生させ、殺菌消毒・消臭を終えます。

千葉県市川市に住んでいた父が孤独死…。

死後2ヵ月が経過していたようです。

大家さんから清掃やリフォームの手配・費用負担をするようにと告げられ、どうしたものかと困り果てました。

遺体は警察の方が引き取ってくださったようです。

部屋に行くと排泄物の臭いが強く残っており、どうすればこの臭いを取れるのかまったくわかりません。

そのうえ、部屋には大きな仏壇や業務用冷蔵庫などが残されており、これらの処分方法もわからないままでした。

誰に相談すれば良いかもわからず、なんとなく思いついた単語で検索し、特殊清掃や遺品整理と書かれているリスクベネフィットさんのホームページを見つけました。

見つけたのは深夜だったのですが「受付窓口24時間対応」と書かれていたため「これだ!」とすぐに電話をかけました。

電話で話を伺って、ホームページに書いてあった特殊清掃(部屋の消臭)と遺品整理を依頼することに。

清掃についてずっと悩んでいたので、「これでやっと悩みが解決するんだ!」と少し前向きな気持ちで清掃当日を待つことができたのです。

 

死後2ヵ月が経過した孤独死現場の臭いを消す流れ

 

①見積もり依頼

まず、リスクベネフィットさんに見積もりをお願いしました。

今回の孤独死現場の状況は、以下の通りです。

  • 間取りは2DK
  • 死後2ヵ月経過した後に発見
  • 孤独死現場特有の腐乱臭はほとんど感じない
  • 尿の臭いが強く感じられる

この内容をもとに見積もりを出していただきました。

その上で作業内容が決定し、清掃スタートです。

 

②排泄物の臭いを消す方法と遺品整理

居間に敷かれていた絨毯には、体液による汚染がみられたため絨毯ごと撤去を依頼。

さらにその下の畳も消毒していただきました。

排泄物の臭いの主な原因は絨毯だったようですが、壁紙からも臭っていると思われたため壁紙も剥がして新たなものに貼り替えも必要に。

仏壇やその他の大きな家具は、私の家には置く場所がないため解体を依頼しました。

そして、父の大切にしていた釣り竿と家族写真だけ持ち帰ることにしたのです。

汚染物などを除去したあと、高い殺菌効果のあるリスクベネフィットさん独自の消毒剤「RB酸水」を散布してくださいました。

また、オゾン発生機を3台設置しオゾン燻蒸」を施してくれたのです。

高濃度のオゾンガスを発生させることで異臭は完全に消えました。

 

③大家さんとのやり取りの代行

また、見積もりを取った際に壁にねずみが開けたような穴が開いていることを発見しました。

「このような穴も特殊清掃の一環として修繕しなければいけないのだろうか?」と悩んでいたところ、リスクベネフィットさんが大家さんとの間に入ってくださったのです。

しかも、「経年劣化であるため、修繕や費用の負担は大家が行う」という判断を貰ってきてくれました。

このような流れで丁寧に清掃を進めていただき、あの気になっていた排泄物の臭いもすっかりなくなりました。

また、リスクベネフィットさんによるサポートのおかげで大家さんに払う予定だった追加リフォーム費用も払わなくて済んだのもありがたかったです。

 

この度は親身な対応をしてくださり、本当にありがとうございました。

  • 作業: 消臭消毒作業+遺品整理
  • 人数: 8人
  • 日数: 3日
  • 参考費用: 443,372円(税込)